アドラー心理学を学んで「幸せ職場」をつくりましよう

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』(小林嘉男著)発行元、まる出版のブログです。

上司と部下は、上下関係でなく「横の関係」でつながっていることが大切

f:id:maru-pub:20180118104120j:plain

部下が職場で「自分はチームに役に立つ存在なんだ」という思いを高めていくためには、適切なフィードバックが必要です。

 

そこで、今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形で、上司から部下へのフィードバックについて考えていきたいと思います。

 

~以下、本文より抜粋です。~

  

上司から部下にフィードバックする――そう聞くと、多くの方が「褒める」を連想されると思います。

 

「褒めて伸ばす」という表現があるとおり、一般的には「褒める」ことは良いことだと認識されていると思いますが、アドラー心理学では必ずしも良いとはされていないのです。

 

ここで、「うん? 『褒める』を良しとしない、ってどういうこと?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

 

「勇気づけ』」の回で「褒めても叱っても、相手の共同体感覚が強まる関わりであれば、それは勇気づけとなる」と書きました。

maru-pub.hatenablog.com

 

「『褒める』という行為は良くない」とまでは、あえて書きませんでした。

 

ここで、しっかりと説明したかったからです。

 

では、なぜ「褒める」という行為を、アドラー心理学では良しとしないのでしょうか?

 

それは、アドラー心理学では「すべての人間関係は『横の関係』であるのがふさわしい」と考えているからです。

 

上下関係においては、上は権力で下を動かそうという力が働きます。

下は、それに従っていればいいという姿勢になりがちです。

これは、アドラーが言う「私たちは人生の主人公なんだ」という考え方と相反する姿勢です。

 

親と子、教師と生徒、社長と新入社員……単に役割の違いがあるだけで、横の位置でつながっている――私たちは、一人ひとりが人生の主人公として、お互いが対等な「横の関係」でありたいのです。

 

この「横の関係」という言葉を踏まえて「褒める」を見直してみましょう。

すると、上から下へ評価する、上下関係を象徴する行為であることがわかります。

なぜなら、上司が部下に対して「○○さん、頑張りましたね」とは言いますが、社員が社長に「社長、頑張りましたね」とは言わないからです。

 

ですから、アドラーは褒めることを良しとしないのです。

 

ただ、なかには、

「関係に上下がないだって? 社長と新入りは対等で、単なる役割の違いだって? そんなの冗談じゃない。上にいくために今まで下の立場でさんざん我慢してきたんじゃないか!」

と憤慨される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今までのことを思えば、その気持ちもよくわかります。

「できる仕事のレベル感がまったく違うだろう」と納得がいかない気持ちもわかります。

 

たとえその気持ちがあったとしても、その負の連鎖をあなたのところで断ち切っていただきたいのです。

 

上司と部下の関係が「上下関係」に見えるメガネから、「横の関係」に見えるメガネにかけ替える――。

これが職場の「関係の質」を向上させ、グッドサイクルを回していくために大切なアクションです。

 

リーダーに最も必要なこと、それは一緒に働く人たちに幸せになってほしいという気持ち――「愛」だと私は書きました。

 

ここでもうひとつ加えさせていただきます。

 

それは一緒に働く仲間への「敬意」です。一人ひとりが人生の主人公として尊重されるべき存在なんだという気持ち――それが敬意です。

 

幸せな職場をつくるリーダーが持つべきは、

「愛」と「敬意」

なのです。

 

~以上、本文からの抜粋です。~

 

 

役職の違いは、役割の違いにすぎません。「愛」と「敬意」を持って、すべての人と「横の関係」を築いていきたいですね。ひとり一人が人生の主人公なのですから――。

 

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

※冒頭の写真は下記からお借りしました。いつもありがとうございます!

https://pixabay.com/

 

 

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』

(小林嘉男著)

f:id:maru-pub:20171120154547j:plain

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/4kKoFk

 

【楽天ブックスはこちら】

http://books.rakuten.co.jp/rb/14097389/

 

【セブンネットはこちら】

http://7net.omni7.jp/detail/1106643276

 

【hontoはこちら】

https://goo.gl/IlwT6c