アドラー心理学を学んで「幸せ職場」をつくりましよう

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』(小林嘉男著)発行元、まる出版のブログです。

イチロー選手の言葉は、アドラーの提唱する「共同体感覚を高める3条件」に通じている

f:id:maru-pub:20171226152017j:plain

 

以前、当ブログでは、アドラーの提唱する「共同体感覚」について触れました。

maru-pub.hatenablog.com

 

アドラーは、

「人が幸せだと感じるときは、次の3つを満たしているときだ」

と言いました。

 

その条件とは、

自分が好き(自己受容)

人は信頼できる(他者信頼)

私は貢献できる(他者貢献)

です。

 

この3つの条件を満たすほど人間の幸福度は増すのだ――。

と、アドラーは定義したわけです。

 

そしてアドラーは、この3条件が満たされている状態を「共同体感覚」が持てている状態と言いました。

 

さて、そんな中、「第22回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式においてイチロー選手が語った言葉が、ネットニュースの記事になっていました。

 

<イチロー選手の元記事はコチラです>

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/24/kiji/20171223s00001007312000c.html

 

イチロー選手は、子供たちから

「大切にしている言葉やプレーは何ですか?」

と聞かれ、次のように答えたのです。

 

「うまくいっていないチームはミーティングで

“自分に自信を持って、チームメートを信頼して、やるべきことをやる”

ということを言う。

この3つをできている人はほとんどいません。

頑張っていないと、自分に自信は持てない。

頑張っているチームメートを見ないと信頼できない。

やるべきことを分かっている人は、ほとんどいません。

みんなには自信を持てる自分、チームメートから信頼される人、やるべきことが自分で見つかる人であってほしいと思います」

 

表現こそ違いますが、

イチロー選手のコメントと、

アドラーの「共同体感覚を高める3条件」は、

 

自分に自信を持つ=①自分が好き(自己受容)

チームメートを信頼する=②人は信頼できる(他者信頼)

やるべきことをやる=③私は貢献できる(他者貢献)

という感覚を高めるために行動する、

そうすれば

チームがうまくいく=共同体感覚が高まる

 

というように、

見事に合致していませんか?

 

 

 

イチロー選手の深い言葉……。

思わずみなさんにお伝えしてくて投稿しました。

 

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

※冒頭の写真は下記からお借りしました。いつもありがとうございます!

https://pixabay.com/

  

f:id:maru-pub:20171120154547j:plain

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』

(小林嘉男著)

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/4kKoFk

 

【楽天ブックスはこちら】

http://books.rakuten.co.jp/rb/14097389/

 

【セブンネットはこちら】

http://7net.omni7.jp/detail/1106643276

 

【hontoはこちら】

https://goo.gl/IlwT6c