読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラー心理学を学んで「幸せ職場」をつくりましよう

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』(小林嘉男著)発行元、まる出版のブログです。

誰もが「メガネ」をかけて世の中を見ている~認知論とは?~

f:id:maru-pub:20170213095253j:plain

 

今回は、アドラー心理学の中の「認知論」についてのお話です。

 

この認知論は、『職場を幸せにするメガネ』という本書のタイトルと大きな関係のある考え方です。小林さんは自分自身を「私」として例に挙げながら、認知論についての説明をしています。

 

 

~以下、本文からの抜粋~

 

アドラー心理学の提唱者であるアドラーは、

「世の中に真実などない。あるのは主観的な解釈だけだ」と唱えました。

 

そして、そのことを端的にわかりやすく伝えるために、こう言いました。

「誰もが自分だけのメガネを通してモノを見ているのだ」。

 

人間は誰もが「認知のメガネ」をかけて「主観的な解釈」をしている――。

この考え方を「認知論」と呼びます。

 

「私はそんな変なメガネ、かけていませんよ! 何の思い込みや偏見も持たずに生きていますから」と言い切れる人は、誰一人いません。

 

誰もがメガネをかけ、自分の思うように物事を解釈しています。

 

非常にわかりやすい例で説明します。

 

私は犬が大好きで、家でフレンチブルドッグを飼っています。私にとって、犬はペットという域をはるかに超えた大切な家族です。

 

テレビに犬が登場したり、本屋さんで犬の写真集が置いてあると、じっと見入ってしまいます。私は「犬が大好き」というメガネをかけているからこそ、テレビに映る犬、本屋さんの写真集の犬が目に飛び込んでくるのです。

 

ところが、犬にまったく興味がないAさんは、テレビに犬が登場したり、本屋さんで犬の写真集が置いてあっても、目に入りません。けれども、趣味が自転車のAさんは、街中でロードバイクが通るたびにパッと目がいくのです。

 

一方、小さい頃に犬に噛まれたことのあるBさんは、犬を見るたびに「怖い」と感じてしまいます。向こうから犬がやってくると、たとえどんな小さな犬であっても、できるだけ距離を取ってすれ違おうとします。

 

こんなふうに犬という対象だけで考えてみても、

 

「犬が大好き」というメガネをかけて犬を見ている私

「犬にまったく関心がない」という、レンズなしのメガネをかけているAさん

「犬は怖い」というメガネで犬を見るBさん

 

……と、人それぞれが違うメガネをかけています。

 

私たちはありとあらゆる物事に対して、「認知のメガネ」をかけて見ています。

スポーツに対して、自分の親に対して、家を持つことに対して、結婚制度に対して、自分の上司に対して、政治に対して、最近のテレビ番組に対して、自分の部下に対して、満員電車に対して、コンビニスイーツに対して……。

 

常に膨大な数のメガネを持ち歩き、物事に応じてさっとメガネをかけ替え、物事を見ている……そんなイメージです。

 

なかでも、あなたの「ずっと信じてきたこと」「かたくなに信じていること」は、特にお気に入りのメガネです。そのため、あなたはとても頻繁に、そのメガネをかけたがります。

 

私は「部下を鍛えるのが上司の役割」というメガネをかけていました。このメガネが大のお気に入りでしたから、仕事中はできる限りかけていました。そして、このメガネをかけていることが重要だと思っていたし、当時の自分にふさわしいと思っていたわけです。

 

~以上、本文からの抜粋~

 

 

人は、たくさんのメガネを持っています。

そして、お気に入りのメガネをかけたがります。

 

自分自身が、どんなメガネをかけているか…?

 

ゆっくり考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

 

 

今日が皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

※冒頭の写真は下記からお借りしました。ありがとうございます!

https://pixabay.com/

 

 

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』

(小林嘉男著)

f:id:maru-pub:20161222094340j:plain

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/4kKoFk

 

【楽天ブックスはこちら】

http://books.rakuten.co.jp/rb/14097389/

 

【セブンネットはこちら】

http://7net.omni7.jp/detail/1106643276

 

【hontoはこちら】

https://goo.gl/IlwT6c