アドラー心理学を学んで「幸せ職場」をつくりましよう

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』(小林嘉男著)発行元、まる出版のブログです。

誰もが人生の主人公である

 

f:id:maru-pub:20161222094155p:plain

 

 

鬼、冷徹人間と言われ、マネジメントの壁にぶつかり、もがいていた小林さんを救ったのは、2冊の書籍でした。

 

1冊は、浜口隆則さんの『戦わない経営』(かんき出版)。これは、前回の投稿で書かせていただきました。

 

 そして、もう1冊は、小林の現在のコーチングの師匠である、株式会社チームフロー代表、平本あきおさんの著書『成功するのに目標はいらない!』(こう書房)でした。

 

f:id:maru-pub:20161222094229p:plain

https://goo.gl/PjjiHU

 

小林さんいわく、それまで読んできた自己啓発書はすべて「夢や目標を持ちなさい、夢に日付を入れなさい」と言っていたなかで「目標はいらない」という表現に惹かれ、手に取ったそうです。

 

夢中になって読み進めると、

・人は、ビジョンと価値観に基づいた「自分軸」を大切にして生きるべきである

・誰もが「人生の主人公」として生きることができる

といったことが書かれていたそうです。

 

自分は、とんでもない間違いを犯している……小林さんは気づきました。

 

鬼上司時代の小林さんは、部下に私の「自分軸」を押しつけていたのです。

 

 「何やってるんだ、もっと頑張れ! がむしゃらに働けば、必ず成長できるんだぞ」と檄を飛ばし続けました。そして、「部下はまだまだ、オレも上司としてまだまだだな。鍛え方がまだまだ足りないんだな」と反省する……そんな毎日を送っていました。

 

部下一人ひとりに「自分軸」があり、部下一人ひとりが「人生の主人公」として生きることができる――。

 

そんなことは、一瞬たりとも想像することもなく……。

 

『戦わない経営』と『成功するのに目標はいらない!』の2冊が、小林さんの、上司としての価値観に大きな影響を与えたのです。

 

……といったことが、本書の58ページあたりに書かれています。

 

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

 

今日が皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』

(小林嘉男著)

f:id:maru-pub:20161222094340j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/4kKoFk

 

【楽天ブックスはこちら】

http://books.rakuten.co.jp/rb/14097389/

 

【セブンネットはこちら】

http://7net.omni7.jp/detail/1106643276

 

 

冒頭の写真素材は以下からダウンロードさせていただきました

https://www.pakutaso.com/