【まる出版blog】自分にも、他人にも、ダメ出しせずに生きるには?

『うまくなる技術』『職場を幸せにするメガネ』などの発行元、まる出版のブログです。

うまくなる人は、行動する時間と振り返る時間を分ける

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド18」です。 【メソッド18】 うまくなる人は、行動する時間と振…

うまくなる人は、行動を開始する時間も決めてしまう

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド17」です。 【メソッド17】 うまくなる人は、行動を開始する時…

うまくなる人は、初めは必ず 「成功できる目標」から始めている

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド16」です。 【メソッド16】 うまくなる人は、初めは必ず 「成…

うまくなる人は、90分単位で密度の濃い練習をする

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド15」です。 【メソッド15】 うまくなる人は、90分単位で密度の…

うまくなる人は、「やらないこと」も 決めている

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド14」です。 【メソッド14】 うまくなる人は、「やらないこと」…

うまくなる人は、情報収集に 時間をかけている

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド13」です。 【メソッド13】 うまくなる人は、情報収集に 時間…

うまくなる人は、使える時間を概算し、 複数の練習プランを作る

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド12」です。 【メソッド11】 うまくなる人は、使える時間を概算…

うまくなる人は、一定量の練習をしないと うまくならないと知っている

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド11」です。 【メソッド11】 うまくなる人は、一定量の練習をし…

うまくなる人は、 ゴールまでの途中に小さな目標を設けている

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド10」です。 【メソッド10】 うまくなる人は、 ゴールまでの途…

うまくなる人は、目標達成の行動を書き出して“仮決め”する

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッド9」です。 【メソッド9】 うまくなる人は、 目標達成の行動…

うまくなる人は、締切・目標のパターンがどれかを知っている

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。 今回は、「メソッドその8」です。 【メソッド8】 うまくなる人は、 締切・目標…

うまくなる人は、締切と目標を数字で設定している

夏休みが近づいていますね! スポーツ、仕事、勉強、ダイエット、健康増進……長い休みを使って目標達成に取り組む人も多いのではないでしょうか? このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、…

うまくなる人は、自分にメリットを与えるのがうまい

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げていきます。 今回は、「メソッドその6」です。 【メソッド6】 うまくなる人は、 自分にメ…

うまくなる人は、ゼロか100かでは物事を捉えない

自分にダメ出しをしながら頑張っていませんか? 完璧主義の人がよくやりがちですが、その頑張り方は、自分を苦しめ、追い込んでしまいます。 仕事や勉強、スポーツなど、さまざまな物事がうまくなるための具体的な「行動技術」を教えてくれるのが、行動科学…

うまくなる人は、「~ねばならない」を「~したい」に変える

「~ねばならない」「~すべきだ」と思いながら頑張っていませんか? 真剣なときほどこういった思いは強くなりがちですが、その頑張り方は、仕事や勉強やスポーツの上達にブレーキをかけてしまいます。 うまくなるための具体的な「行動技術」を教えてくれる…

うまくなる人は、「感情」ではなく、「行動」に意識を向ける

続かない、上達しないと悩む方は多いと思います。それを、ご自身の「やる気不足」のせいにしていませんか? そしてご自身にダメ出ししていませんか? 続かない、上達しないのは、やる気不足のせいではなく、「行動技術」を持っているかどうかの違いだけです…

うまくなる人は、「自分なら出来そう」ととりあえず思う

何をやってもうまくなる人と、なかなかうまくならない人の違い――それは、やる気や根気の違いなどではなく、「行動技術」を持っているかどうかの違いだそうです。 うまくなるための具体的な「行動技術」を教えてくれるのが、行動科学マネジメント研究所所長の…

うまくなる人は、最初から「無理だ」と決めつけない

自己成長を続けていくためには、自己効力感、つまり「自分には出来るんじゃないか」と思える感覚がまず必要です。そして、途中で訪れる困難や失敗を乗り越え、進んでいく行動力も必要です。 とはいえ、実際には、どんな心の整え方や行動のしかたが必要なので…

私のメガネをかけ替えてくれた感動書籍

『職場を幸せにするメガネ』の著者である小林嘉男さんが、自分が今までに読んだ本の中でとくに感動し、影響を与えてくれた本として挙げたのが、次の7冊です。『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形でお伝えします。 ~以下、本文より抜粋です。~…

「人に優しく、仕事に厳しく」の経理部でありたい

『職場を幸せにするメガネ』の著者である、小林嘉男さんの職場では、「人に優しく、仕事に厳しく」の姿勢でメンバーが仕事に臨んでいるそうです。その具体的なようすを、『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形でお伝えします。 ~以下、本文より抜…

職場の結束力を高める「4つのキーワード」とは?

「幸せ職場」を創る上で特に重要なキーワードが4つあると、『職場を幸せにするメガネ』の著者である小林さんは言います。 それはなんでしょうか……? 今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形でお話しします。 ~以下、本文より抜粋です。~ キ…

「相互理解の場」をつくる、職場での仕組みづくり

信頼関係を構築するには相互理解の推進が必要です。そのためにはコミュニケーションを取る機会を仕組み化することが肝心です。上司がいくら「コミュニケーションは大切だ」と声高に叫び続けても、状況は変わらないからです。 そこで今回も『職場を幸せにする…

「バリューズ=経理部スタイル」の浸透活動

小林さんが「幸せ職場」を作るための具体的な仕組みとして最も工夫をしているのが、バリューズ(「経理部スタイル」と名づけているそうです)の浸透です。 そこで今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形で、その仕組みについてお伝えします。…

職場で共有したい価値を浸透させる仕組みづくり

どんなに素晴らしいミッション、ビジョン、バリューズを作っても、日常の活動に反映されていかなければ意味がありません。どんなに上司が声高にコミュニケーションの重要性を訴えても、実際に上司と部下、部下同士でコミュニケーションが取れなければ何も変…

部下へのフィードバックは「YOUメッセージ+Iメッセージ」で!

お互いの存在を認め合い、「自分はここに存在するだけで、誰かに何かを与えることができる存在なんだ」と一人ひとりが感じ合える場こそが、最高の「幸せ職場」です。今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形で、フィードバックの伝え方につい…

毎月11日を「感謝の日」に制定し、職場の仲間の存在を感謝する

お互いの存在を認め合い、「自分はここに存在するだけで、誰かに何かを与えることができる存在なんだ」と一人ひとりが感じ合える場こそが、最高の「幸せ職場」です。今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形で、職場で導入できる仕組みについ…

相手を「勇気づける」フィードバックをする

『職場を幸せにするメガネ』の著者、小林嘉男さんがチームリーダーと週次面接を行うようす 上司が部下に対して行いたいフィードバック、それは「褒める」でも「叱る」でもなく「勇気づけ」のフィードバックです。 今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文か…

上司と部下は、上下関係でなく「横の関係」でつながっていることが大切

部下が職場で「自分はチームに役に立つ存在なんだ」という思いを高めていくためには、適切なフィードバックが必要です。 そこで、今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形で、上司から部下へのフィードバックについて考えていきたいと思います…

イチロー選手の言葉は、アドラーの提唱する「共同体感覚を高める3条件」に通じている

以前、当ブログでは、アドラーの提唱する「共同体感覚」について触れました。 maru-pub.hatenablog.com アドラーは、 「人が幸せだと感じるときは、次の3つを満たしているときだ」 と言いました。 その条件とは、 ①自分が好き(自己受容) ②人は信頼できる…

“デキる上司”ほど部下にダメ出しをするのはなぜか?

なぜ上司は部下にダメ出しをしてしまうのか? ダメ出しをせずに部下と良い関係を築くにはどうすれば良いのか? 今回も『職場を幸せにするメガネ』の本文から抜粋する形で解説します。 ~以下、本文より抜粋です。~ あえて苦手なことやダメなところを 積極的…