【まる出版blog】自分にも、他人にも、ダメ出しせずに生きるには?

『うまくなる技術』『職場を幸せにするメガネ』などの発行元、まる出版のブログです。

うまくなる人は、「場慣れの時間」を設けている

f:id:maru-pub:20181211113557p:plain


このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド50」です。

 

【メソッド50】

うまくなる人は、

「場慣れの時間」を設けている

 

~以下、本文から抜粋~

 

うまくなる人は、プレゼンをする前、大学受験をする前、レースに出る前などに、その会場の下見をします。それには、いくつかの理由があります。

 

1つめは、一度下見をしておけば、本番当日の悩み・不安が激減するからです。「道に迷ったらどうしよう」「トイレはあるのかな」といったことにわずらわされず、パフォーマンスに集中できます。

 

2つめは、会場の雰囲気に体が慣れるからです。「空気に飲まれる」とよく言いますが、会場に一度足を運んでおくだけで、緊張がかなりやわらぎ、実力を出せるようになります。

 

3つめは、成功後のイメージが具体的になり、ワクワクできるからです。例えば、大学受験の前に大学に足を運び、校舎や先輩学生たちを目にすれば、合格後のキャンパスライフのようすが具体化でき、成功したいという思いが強くなります。

 

本番の舞台にいる自分がなるべく自然でいられるよう、下見で身体を慣れさせることが大切です。

 

 

<よくやる間違い>

本番一発勝負で臨んでしまう

これは「自分は緊張しないタイプだから」「本番に強いタイプだから」と自信を持っている人がよくやりがちです。本番の舞台というのは、十分すぎるほど特殊な環境です。その状況で、緊張しすぎず実力を出し切るには、普段の生活と違う要素をできる限り減らしておくことが大切なのです。

 

~以上、本文から抜粋~

 

時間を作って一度下見をしておき、本番の空気に自分を慣れさせておきましょう。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、目標達成したときの喜びを妄想するのが上手

f:id:maru-pub:20181206102854p:plain


このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド49」です。

 

【メソッド49】

うまくなる人は、

目標達成したときの喜びを妄想するのが上手

 

~以下、本文から抜粋~

 

うまくなる人は、「目標を達成したらどんな喜びが待っているだろう」と妄想するのが上手です。五感を駆使して、その喜びを「先に一度味わってしまう」のです。

 

わかりやすく、フルマラソン完走を目標にしている場合で話をします。フルマラソンの大会で42.195km を走り切り、ゴールテープを切ったときの感動を妄想してみるのです。

 

このとき大事なのは、

  • 目には、「ゴール」の文字と、ゴールタイムの電光掲示板と、拍手で迎えてくれる大勢の人が映っていて……(視覚)。
  • 耳には、「がんばったね!」「よくやったね!」という大歓声が聞こえていて……(聴覚)。
  • 脚は、パンパンで、汗びっしょり。でも、今まで味わったことのない感動が胸にこみ上げてきて……(触覚)。
  • ゴールの先では、豚汁が配られていて……(嗅覚・味覚)。

……といったように、五感をフルに使って妄想することです。

 

 

<よくやる間違い>

実際に目標を達成してから喜ぼうと思っている

うまくなる上で大事なのは、「自分を楽しませること」です。「本番で目標達成するまで、喜ぶのはとっておく」という考え方は、残念ながら誤りです。人間は、脳で思い浮かべたことを実現しようとします。ですから、妄想は、いつでもどこでもできて非常に効果的な目標達成の方法なのです。

 

~以上、本文から抜粋~

 

うまくなる上で大事なのは、自分を楽しませること。五感を駆使して、その喜びを先に一度味わってしまいましょう。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、「成長曲線」を知っている

f:id:maru-pub:20181128112932p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド48」です。

 

【メソッド48】

うまくなる人は、

「成長曲線」を知っている

 

~以下、本文から抜粋~

 

努力と成長は、1:1の比例関係ではありません。これを知っておかないと「うまくなる直前に練習するのをやめてしまう」という悲劇が起こります。

 

努力の量はグラフで直線的に表されます。ところが、成長はカーブのラインを描くのです( 上図参照)。ですから、始めの頃は、「練習してもなかなか上達しない」という状況が続く可能性があります。

 

「うまくなる技術」を駆使して、急激に上昇するまでの期間を短くすることは可能ですが、それでもしばらくは結果が出にくいのです。

 

しかも、急激に上達する地点の直前は、努力と上達のギャップがもっとも激しくなります。つまり、精神的にいちばん辛く感じるときなのです。その先にいけば急激に伸びるのですから、ここであきらめてしまったら、もったいないではありませんか。

 

正しい方法で練習しているのに成果が得られず、辛いと感じる場面は必ず出てきます。そのときほど、「急激に上達する直前なのかもしれない」と思い直して頑張ってみましょう。

 

 

<よくやる間違い>

大きな成果が出る前にあきらめてしまう

正しい方法で楽しく練習に取り組めば、必ず成果は出ます。と同時に、成長曲線が表しているとおり、成果が出にくい時期があることも事実です。ここで、「もう耐えられない」とやめてしまうか、「その先には大きな成果が待っている」と思い直すかで、大きな違いになります。ぜひ、あきらめずに前を向いて進みましょう。

 

~以上、本文から抜粋~

 

正しい方法で楽しく物事に取り組んでいれば、必ず成果は出ます。自分を信じて、あと一歩進んでみましょう。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、1度や2度で簡単に決めつけない

f:id:maru-pub:20181122124725p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド47」です。

 

【メソッド47】

うまくなる人は、

1度や2度で簡単に決めつけない

 

~以下、本文から抜粋~

 

1 度か2 度うまくいかなかっただけで「やっぱり自分はダメなんだ」とか「前もそうだったし」とか「やっぱり自分はそういう運命にあるんだ」と考えてしまう人がいます。こういった物事の捉え方を、専門用語で「一般化」と呼びます。

 

たった1 度や2 度のことで「自分はダメだ」「自分はうまくいかない」と決めつけてしまっては、決して成功にはたどりつけません。なぜなら脳は、あなたがイメージしたとおりのことを実現しようとする器官であるため、あなたの脳が「うまくいかない」ことを実現しようとしてしまうからです。

 

うまくいかなかった記憶を引っ張り出し、「やっぱり自分はダメなんだ」と思ってしまったら、どうすればいいのでしょうか? 簡単です。うまくいった経験を思い出してみるのです。そして、うまくいかなかった記憶に、うまくいった記憶を上書きすればいいのです。

 

うまくなる人は、簡単に決めつけません。「自分は出来るはず」と信じ、粘り強く練習して成果をつかみ取っているのです。

 

 

<よくやる間違い>

過去にうまくいかなかったことを気にする

うまくなる上で大きな障害になるのは、過去の失敗の記憶です。「カラーバス効果」という心理学用語があります。英語で書くとColor Bath、つまり色を浴びるという意味です。人間の脳は、ある物事を意識すると、その情報を積極的に選んで認識する性質があります。例えば、「赤いものを探そう」と思って街を歩くと、赤い物ばかりが目につくようになります。過去に失敗に意識を向けると、失敗の記憶を強化する情報ばかりが目に飛び込んできます。過去にうまくいったことを思い出す習慣をつけ、「今回もそのようにうまくいく」と意識づけることが大切です。

 

~以上、本文から抜粋~

 

「うまくいくためにはどうすれば良いのか?」に意識を向けて行動を積み重ねたいですね。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、「失敗」ではなく「実験の成果」と捉える

f:id:maru-pub:20181116115439p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド46」です。

 

【メソッド46】

うまくなる人は、

「失敗」ではなく「実験の成果」と捉える

 

~以下、本文から抜粋~

 

目標に向かって練習を積み重ねていく中で、思うような結果が出ない状況に陥ることは当然あります。うまくいかないことに落ち込み、練習をやめてしまう人も多いようです。

 

けれども、うまくなる人は落ち込みません。なぜなら、行動しても思うような結果が出ないことを「失敗」とは捉えず、「実験の成果」と捉えるからです。

 

今の自分がどんな練習をすればうまくなれるのか――それは自分で考え、試してみるしかありません。上司や先生やコーチは良いアドバイスをしてくれるかもしれませんが、「実際に練習内容が効果的かどうか?」は、自分で検証するしかないのです。うまくなる人は、そのことをよくわかっています。

 

うまくいったことも、うまくいかなかったことも、すべては実験の成果。うまくいくかもしれないと思ってやってみたものの、うまくいかなかったら、「他のやり方を試してみよう」と気持ちを切り換えて次へチャレンジするのです。

 

 

<よくやる間違い>

失敗を怖れて行動しなくなる

失敗するのは、あなたが行動している証拠です。お笑い芸人など人前で話をする仕事をしている人たちは、アクシデントやハプニングが起きると「これでまた話すネタが増えたぞ。おいしいぞ」と思うそうです。大失敗しないよう細心の注意を払って準備することはとても重要です。同時に、小さな失敗を楽しむ心の余裕も大切です。

 

~以上、本文から抜粋~

 

うまくいかないことがわかったことが、「実験の成果」。

「他のやり方を試してみよう」と気持ちを切り換えて次へチャレンジしたいですね。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版) 

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/