【まる出版blog】自分にも、他人にも、ダメ出しせずに生きるには?

『うまくなる技術』『職場を幸せにするメガネ』などの発行元、まる出版のブログです。

うまくなる人は、行動する時間と振り返る時間を分ける

f:id:maru-pub:20180720144306p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド18」です。

 

【メソッド18】

うまくなる人は、行動する時間と振り返る時間を分ける

 

~以下、本文から抜粋~

 

うまくなる人は、“実験”するのが好きです。自分を“実験台”にしてデータをとるのです。

 

そして、“実験中”はとにかく行動することだけに集中します。午前中見積書を作ると決めたら作る、30 分英語を聞くと決めたら聞く、1 時間楽器を練習すると決めたら練習する……といった具合です。その行動の結果がどうだったかは、その時間の途中では考えません。あとで振り返りの時間を別に設けて、そこで振り返るのです。うまくなる人は、「行動する時間」と「振り返る時間」をしっかり分けているわけです。

 

また、うまくなる人は、行動ごとに場所や位置を変えたりもしています。例えば、「机に座っているときはひたすら勉強する。休憩は机ではとらず、必ず隣のソファに移動する」あるいは「パソコンの前では企画書に文字を打ち込むだけ。企画自体は歩きながら考える」といった具合です。場所や姿勢を変えるたびに気分がリセットできて、1つ1つの行動への集中度が高くなるのです。

 

 

<よくやる間違い>

考えながら行動してしまう

考えながら行動する。一見、素晴らしいことのように思えますが、実際は、考えることにも、行動することにも集中できなくなってしまいます。また、A の行動をして、B の行動をして、再びA の行動に戻って……も、忙しいビジネスパーソンがよくやりがちな間違い。A の行動を完了してからB の行動に移るほうがスムーズです。

 

~以上、本文から抜粋~

 

自分を“実験台”にしてデータをとる……自分自身を俯瞰する目も大切なのですね。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、行動を開始する時間も決めてしまう

f:id:maru-pub:20180718103332p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド17」です。

 

【メソッド17】

うまくなる人は、行動を開始する時間も決めてしまう

 

~以下、本文から抜粋~

 

うまくなる人は、「人間は本来、面倒くさがりの動物である」ということを自覚しているので、さまざまな仕組みやマイルールを設定して、やる気に頼らずに行動できるように工夫しているのです。

 

ですから、締切だけでなく開始時間も具体的に設定しています。例えば「コーヒーを飲み終えたら企画書作りにとりかかる」「夕食の1時間後に机に座る」「朝6時には家を出てランニングを開始する」といった具合です。

 

しかも、「時間が来たら大きなアラーム音が鳴る」「壁に大きな字で書いておく」などのひと工夫をしています。このように、ある行動が自然に起こるような仕組みを作ることを、行動科学では 「プロンプト」と呼びます。

 

行動開始時間のルールを決めてしまうと、やる気に頼らずに済みます。また、いちいち「いつから始めようかな」と考えたり迷ったりする必要がないので、精神的にもとても楽になります。勉強や自主練習など、毎日繰り返すことを続ける上でとても有効な技術です。

 

 

<よくやる間違い>

やる気に頼って行動開始している

行動を開始するのに、やる気に頼ってしまうと、気分が乗らない日は「やっぱりやめておこうかな」となってしまいます。朝起きたら顔を洗う、歯を磨くといった行動と同じように、その行動を「当たり前のこと」として無意識のうちに始めてしまうようになるところまで習慣化すると続くようになります。

 

~以上、本文から抜粋~

 

やる気に頼らない仕組みを自ら作るからこそ、続けられるようになり、うまくなれるのですね。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、初めは必ず 「成功できる目標」から始めている

f:id:maru-pub:20180713104334p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド16」です。

 

【メソッド16】

うまくなる人は、初めは必ず

「成功できる目標」から始めている

 

~以下、本文から抜粋~

 

うまくなる人は、最初の目標を小さくしてスタートします。「そんな簡単なことでOK?」というくらいの行動で終わりにします。

 

例えば、資格試験に合格したい人の最初の目標は「毎日参考書をパラパラとめくる。それを3 日間続ける」、楽器を弾けるようになりたい人の最初の目標は「楽器に毎日触れる。それを1 週間続ける」といった具合です。

 

私は100km ウルトラマラソンやサハラ砂漠マラソンなどを完走した経験がありますが、最初は「まず家の周りを毎日散歩する」という目標から始めました。

 

最初の目標を小さくしてスタートするのは、必ず成功するため、そして達成感を味わうためです。「行動するのが楽しい」「目標を達成すると気持ちいい」ということを繰り返すと、人は自然と行動したくなります。

 

逆に、初めから高い目標を設定してスタートすると、行動するのが辛く感じてしまいます。そして目標達成できなかった場合、「自分はダメな人間だな」と感じてしまい、早々に挫折してしまうのです。

 

 

<よくやる間違い>

三日坊主で終わってしまう

初日に気合を入れてたくさん行動し、2 日目に苦しくなり、3 日目にやめてしまう……いわゆる三日坊主になってしまうのは、最初の目標設定が高すぎるからです。スタート時は目標のハードルをかなり下げ、たくさん行動することよりも、達成感を味わうことを重視しましょう。

 

~以上、本文から抜粋~

 

成功し、達成感を味わう――その気持ち良さによって、次も行動したくなるのですね。まずは「小さな目標」から始めたいですね。三日坊主撃退にも大きな効果を発揮しそうです。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、90分単位で密度の濃い練習をする

f:id:maru-pub:20180710120743p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド15」です。

 

【メソッド15】

うまくなる人は、90分単位で密度の濃い練習をする

 

~以下、本文から抜粋~

 

うまくなるために長時間練習したくなる--その気持ちはよくわかりますが、うまくなる人は「長時間練習する」ことよりも「短時間で密度の濃い練習をする」ことに意識を向けています。

 

事実、世界レベルのバイオリニストを対象とした研究によって、

  • トップレベルのバイオリニストは、90 分単位で練習を行なっていること
  • 長くても合計4 時間半以内で練習を終えていること
  • レベルの低いバイオリニストよりも睡眠時間が長いこと
  • 20 ~ 30 分の昼寝をしていること

 などがわかっているそうです。このようなことも踏まえ、1日の練習は 「長くても90 分を1 単位とする」「合間に15 分ほどの休憩を入れる」などをベースに行なうと良いでしょう。

 

時間がなく忙しい人にとっては、「どのようにすれば練習の質を高められるか?」という自問が大切。あなたは、どんな工夫が考えられそうですか?

 

 

<よくやる間違い>

休みなく長時間練習してしまう

自分を鍛えているような気がしてきますが、練習の質が高くなりません。一般的に人間が集中力を維持できるのは90 分が限界だと言われています。もしも「今日は体力の限界まで自分を追い込むぞ」という目的があってやる場合であっても、90 分までを1 単位として練習メニューを考えたほうが良いでしょう。

 

~以上、本文から抜粋~

 

「いかに戦略的に休むか?」「いかに効果的に休むか?」を考えながら、密度の濃い練習をしたいですね。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/

 

うまくなる人は、「やらないこと」も 決めている

f:id:maru-pub:20180706120236p:plain

このブログでは、行動科学マネジメント研究所所長・石田淳先生の著書『図解 うまくなる技術』で紹介している、自己成長に必要な「52のメソッド」を1つずつ取り上げています。

 

今回は、「メソッド14」です。

 

【メソッド14】

うまくなる人は、「やらないこと」も決めている

 

~以下、本文から抜粋~

 

“取り組む行動のランキング”を「行動の優先順位」と呼びます。うまくなる人は、どんなときも「成果につながる重要な行動」を見出して、優先的に取り組んでいます。

 

一方、「行動の優先順位」の対義語である 「行動の劣後順位」は、“取り組まない行動のランキング”です。うまくなる人は、優先順位だけでなく、劣後順位も決めているのです。

 

あることを上達させたい、でも忙しくて練習時間が全然足りない状況だったとします。1日は24 時間しかありません。練習時間を確保するには、今までの何かを“捨てる”必要があるのです。 

 

今までの生活に目を向けて、

  • 思い切ってやめてしまっても困らないことはないか?
  • いったん中断しても困らないことはないか?
  • やり方を変えても困らないことはないか?

……といった視点で考えてみましょう。思い切ってやめてみても困らないことがあれば、今のあなたが取り組む必要のないことです。

 

<よくやる間違い>

手一杯なのに新しいことをしようとする

これは「忙しい」が口グセの人がよく犯しがちな間違いです。あれもこれもと手をつけていくと、どれも中途半端になってしまう可能性があります。自分がうまくなりたいものは何か、いつまでにどこまでうまくなりたいか、そのために必要な時間はどれくらいか、そのために“捨てる”ものは何かを考えてみましょう。

 

~以上、本文から抜粋~

 

「やること」のランキングである優先順位と、「やらないこと」のランキングである劣後順位。どちらも大切にしたいですね!

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

今日も、皆様にとって良い1日でありますように。

 

 

『図解 うまくなる技術 ~行動科学を使った自己成長の教科書~』

(発行:まる出版/発売:サンクチュアリ出版)

f:id:maru-pub:20180622163732j:plain

 

【アマゾンはこちら】

https://goo.gl/NqFkFd

 

 

【楽天ブックスはこちら】

https://goo.gl/a6Qaoz

 

 

【セブンネットはこちら】

https://7net.omni7.jp/detail/1106760088

 

 

【hontoはこちら】

https://honto.jp/netstore/pd-book_28402815.html

 

 

【石田淳(いしだ・じゅん)先生プロフィール】

 

一般社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

 

アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。

 

現在、日本全国で講演やセミナーを行ない、ビジネスだけでなく教育、スポーツの現場でも活躍している。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。

 

趣味はトライアスロン&マラソン。2017年には世界一苛酷なマラソンともいわれるアタカマ砂漠250kmマラソンに挑戦、完走を果たす。著書・監修書に、『まんがで身につく 続ける技術』(あさ出版)、『めんどくさがる自分を動かす技術』『めんどくさがる相手を動かす技術』(共に永岡書店)、『部下の行動が1カ月で変わる!「行動コーチング」の教科書』(日経BP社)、『行動科学で人生がみるみる変わる!「結果」が出る習慣術』(角川マガジンズ)などがある。

 

株式会社ウィルPMインターナショナルHP

http://www.will-pm.jp/

 

一般社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP

http://behavior-based-safety.org/

 

石田淳ブログ

http://jun-ishida.com/